本気で人生を変えたい人向け3ステップと習慣化のコツ

「毎日がつまらない」
「人生を変えたい」
「やりたい仕事をしているってうらやましい」

そんなことをふと思うことがありますよね?
この記事を読むと人生を変えたい方に向けた具体的なコツがわかり、思い描いた未来に向かい歩みだすことができます。

  • 退職経験多数
  • 誇れる実績ゼロ
  • 低学歴

そんな私ですが、会社を退職し自分の理想を求め行動し続けられています。
自分の現状、叶えたいことを優先して生きたい思いが強いからです。

社会では理不尽なことも多く自分という個性に蓋をして生きていませんか?

でも、何をどうすれば?そう思い何も行動してきていませんでした。

  • 自分がどうしたいかわからない
  • 人生を変えたいけど何すればいいかわからない
  • 自分のやりたいことってなに?

こういったお悩みをお持ちの方におすすめです。

目次

人生を変えたい3つのステップ

ヒントとコツ

まず具体的になにをすればいいのかがわかりませんよね?
私も仕事を変えては「自分は何がしたいんだろう、やりたいことって?」と悩み続けました。

生活があるからとりあえず働く。そんな退屈な人生を歩んできています。

もちろんこういった人生を否定するつもりはありませんが、どうせなら自分の人生これでよかったと思えるものにしたくありませんか?

とらい

誰でも自分らしく生きていきたいですよね

ステップ1自分と向き合う

一番初めに自分のことを知ることが大切です。
ここでは社会のしがらみなどを抜きにしてフラットな気持ちで考えてみましょう。

  1. 自分の感情を理解しよう
  2. どう変わりたいか
  3. 具体的な目標を決める
  4. なにをするべきか
  5. ありのままの自分を受け止める
STEP
自分の感情を理解しよう
  • あなたはどんな時が一番楽しいですか?
  • その時あなたはどんな感情を感じていますか?
  • その時、周りの人はどんな表情をしています?
  • その感情がもっと高まったときあなたの人生はどうなりそうですか?

このように自分に素直になって考えてみましょう。

あなたの感じた「感情」がこの先の未来を決めていく指針となっていきます。

STEP
どう変わりたいか
  • 好きなことを仕事にしたい
  • 通勤が苦痛だから在宅で働きたい
  • 年収を上げたい

など自分がどうなりたいかを想像してみましょう。
その際に自分が何が好きで、何が嫌いかも考えておくようにしましょう。

なんでもいいです。一人でいることが好き。大人数でいるのが好き。家族の時間が取れないのは嫌い。
など具体的なら尚良いです。

STEP
具体的な目標を決める

どうすれば自分が満たされるか、どんなことが好きで嫌いか、自分はどうなりたいか大まかに方向を決める感覚でいいです。

これが見えてくれば具体的にその為にはどうすればいいかが見えてくると思います。

STEP
何を実行するか決めるその目標を達成するためにできることを考えてみる
  • 読書をしてみる
  • 習い事を始める
  • 毎日筋トレをしてみる

ここで大事なのはほんの少しだけ変化をさせる意識を持ちましょう。

1ページずつ、一回ずつなど「もっとやりたい」と思えるペースで増やしていくのがコツです。

STEP
自分を受け止める

現状を変えるにあたって大事なことは今の自分を認めることです。

「なにもできない」「自分は稼げていない」これを認めましょう。
別に恥ずかしいことではありません。


誰しも何かを変化させようとする際はできないところからのスタートです。

あなたが今普通にできることを私はできないこともありますよね?それは恥ずかしいことではないのです。

そのことに蓋をして目を背けてしまうと別の何かで言い訳して埋めてしまいます。
「自分はどうなりたい?」という部分が消えてしまいどこに向かっていいかがわからなくなってしまいます。

私の場合を例に挙げると

  1. 私は誰かが喜んでくれるのが好きで、雰囲気のいい空間が好き。
  2. だから家庭に重きを置きたい、家族のために時間の融通の利く働き方がしたい
  3. パートナーにまかせっきりでなく子供の急用にも対応したいから在宅で稼ぐ
  4. そのためにはブログを始めてみる、読書をして勉強をする、ライターとしての道を模索する
  5. 満足いくほど稼げていない、先が見えていない現状を受け止める。


でも在宅で稼ぎたいという思いに向けてできないことをできるように努力する。
このように道筋が見えてくると思います。

ステップ2環境を変えてみる

次におすすめしたいのが環境を変えることです。

例えば、周りが勉強熱心な人ばかりだとあなたも「やらなきゃ」という思いが強くなりますよね?

逆にパターンではどうでしょう。
周りも努力してないし「まぁいいか」と目標への努力を継続することができませんよね?

環境を変えることはそう難しいことではありません。
意識を高め合える仲間を見つけるだけです。

オンラインサロン
SNS

こういったことで簡単に見つけることができます。
また、周りの雑音をイヤホンのノイズキャンセリングを使って遮断するなど作業環境を整えることも効果があります。

ステップ3行動の大切さを理解する

最後に行動をする大切さを理解しましょう。
あなたの現状を変えるために必須のものは行動です。

行動する=変化するということでもあるのでこれが一番大変な作業です。
しかし、現状あなたの理想をかなえているような人はその目標に向かって行動してきた人なのです。

多くの人は心の中で「行動しないこと」をよくないことだと理解はしています。
でも人間は楽な方に逃げてしまうのも事実です。


家庭環境などでできなかった方も多くいるとは思いますし否定もしませんが、それを選択し行動した人が人生を変えていっているのも事実なのです。
自分の理想を自分で選択し行動する」これが一番の近道です。それではどうすればいいのか考えてみましょう。

脳に秘密があった

脳科学

人間とは脳の構造上楽しようとするものです。
「今の人生を変えたいけど自分を甘やかしてしまう」私もそうでした。

残念ながら人間の8割は自分を甘やかし、夢や目標を達成できていません

変えたい思いはあるけれど大変だし楽がしたいものですよね。
そして忙しいからとできない理由を探して努力を避ける。この流れが目標を達成できない具体例です。

2:8の法則(パレートの法則)

2:8の法則があり、これに当てはめてみると「変わりたい」と行動を起こす人は「100人中20人」その行動を継続できる人は「20人中4人」ということになります。


実際に「行動を継続」できている人の割合は約4%なのです。

わんこ

これができるだけで周りと差がつくわん

「行動を継続するだけ」で1ヶ月、半年、1年と続けていくと、自分を取り巻く環境がどんどん変わっていきます。
その行動を継続するためには習慣化が必要となります。

行動を習慣化するコツとは?

できる

行動を習慣化するためには毎日行うことが大事です。
歯磨きという習慣かされたものを行わないと気持ち悪く落ち着かなかったりしませんか?

ですが毎日慣れないことををするなんて想像するだけで嫌になってきますよね。
そこで私が実際に行っている継続するコツを紹介します。

目標を細分化する

筋トレを例に挙げて細かく分けてみましょう。

最終目標だけを考えるとハードルが高く感じますが下記のように細かく分けてみたらどうでしょう?

  • ジムに入会してみる
  • 初心者コースに申し込んでみる
  • 1日5回自宅で腕立てをする
  • 1日10回自宅で腕立てをする
  • 1日10分筋トレメニューをする
  • 1日15分筋トレメニューをする

細かく分けて実行することで、少しずつですが前に進んでいる実感がわいてきます。

目標に近づき達成できている実感が得られることで挫折しづらくなりますよ。

ハードルを下げる

継続するうえで大事なことは挫折をしないことです。
挫折をしてしまう人の多くはハードルを高く設定しすぎてしまうことで起きます。

いきなり毎日100回筋トレをするなどですね。
私でしたらすぐに「疲れてるし明日でいいや」となってしまうので、簡単にできる範囲で目標を細かく設定しハードルを下げていきましょう。

焦らない

ロンドン大学の習慣化までにかかる日数の研究では

引用日常生活における習慣形成のプロセスを調査するために、96人のボランティアが、同じ状況で(たとえば、「朝食後」)12週間、毎日実行する飲食または活動行動を選択しました。彼らは毎日自己申告習慣指数(SRHI)を完了し、行動を実行したかどうかを記録しました。参加者の大多数(82)は分析に十分なデータを提供し、自動性の増加(SRHI項目のサブセットで計算)が調査期間にわたって調査されました。非線形回帰は、84日間にわたる各個人の自動性スコアに漸近曲線を適合させました。モデルは62人に適合し、そのうち39人が良好な適合を示しました。動作をより一貫して実行することは、モデルの適合性の向上に関連していました。参加者が自動化の漸近線の95%に到達するのにかかった時間は、18日から254日でした。人々が自動化の限界に達するまでにかかる時間にかなりのばらつきがあることを示し、非常に長い時間がかかる可能性があることを強調しています。

引用元:Wiley Online Library

となっており平均では66日という結果となっています。
習慣化したい内容によりますが約2か月続けなければ習慣化されない結果となっています。

とらい

2ヶ月って長くない?

だからこそ焦らずにハードルを下げ細分化してステップアップさせることで長期継続しやすい環境づくりが大事となってきます。

自分を褒めよう

最後に自分を褒めてあげましょう。
ほんの小さなステップでも毎日こなすということはとても素晴らしいことです。


大きな目標を掲げて三日坊主と小さいステップでも継続して続けるではどちらが人生を変えれるでしょうか。

今何かを手にしている人は常に継続し習慣化したことによってその地位を手に入れています。

例えばイチロー選手がもしも途中で挫折していたのならば偉大な記録は生まれなかったでしょう。
自分を褒め、できていることを実感することで自己肯定感も養われて前向きに物事をとらえることもできるので自分を褒めることは何よりも大事なのです。

大きなことを成しえるには小さな積み重ねの連続の結果です。
小さなことでほめるなんてそう思わずに「よし、できたぞ」と自分を褒めてあげましょう。

チャンスをつかむために行動しよう

オーディオブックが解決

習慣化を目指して行動すると同時に大事なことはチャンスをつかむことです。
チャンスをつかむためには以下のことを把握しておきましょう。

  • チャンスが来てからでは遅い
  • チャンスは2度とこない
  • 準備ができていれば飛び乗れる

チャンスが来てからでは遅い

チャンスは誰にでもやってきます。
どこかで人生を変えるチャンスは誰にでもやってきていたはずです。

ここで大事なことはチャンスが来てからでは遅いということを肝に銘じておきたいですね。

なぜならチャンスに気づくためにはその事をチャンスだととらえられる準備が必要です。

例えば、あなたが何か欲しいものがあった時普段何気ない景色の中でもそのほしいものに関することに意識が向いていると「こんなものもあるのか」と気づきがありますよね?

チャンスもそれと一緒で何気なく過ごしていては気づかないことが多いのです。

もし気づいても「自分のスキルじゃ・・・」としり込みしてしまいますよね?
私はよく思っていました。

ですので、チャンスが来る前から自分の理想と目標に意識を向け行動することでチャンスをつかむことができるのです。

今やYouTuberとして知らない人がいないくらい有名になった「ヒカキン」さんの実例を見てみましょう。

実はヒカキンさんは活動当初はご飯を食べるのも苦労する経験をしているのです。

そんな中「必ず成功できる」と動画コンテンツの可能性と自分の動画を日々継続して磨いていった結果2012年でチャンネル登録者数10万人、14年で100万人、18年には600万人といういぎょうを達成しています。

これはチャンスをつかむために行動し続け、YouTubeが盛り上がってきたチャンスをつかんだ結果です。
このようにチャンスをつかむためには来てからでは遅いのです。

本からマインドを学ぼう

本

私が一番にお勧めしたい習慣とすべきことは読書です。
なぜなら、本にはその道のプロ、成功者の考えやマインドが惜しげもなく詰められています。

本は簡単にできる最高の教科書

あなたが尊敬する人物から直接教えてもらえるならそれに越したことはありません。
そんなことができる人はどれくらいるでしょう?私には無理としか思えません。

しかし、その方の書籍があるのならばその人の成功への考え方を学ぶことができるのです。
セミナーは数万円と値段もしますが、本であれば1500円程度と誰でも手に取ることができるのもメリット。

成功者の真似をし行動して自分で試行錯誤をしてみることが一番の近道であり、その最高の教科書が本だと私は信じています。

ここまで記事を読んでいただいたあなたは、とてもまじめで本気で変わりたいと努力ができる方です。
あとは行動を続けて、変化を恐れずに目標めがけ前を向いて進んでいきましょう。

読書が苦手ならオーディオブックを使ってみる

読書が苦手という方にはオーディオブックをおすすめします。

私もそうだったのですが読書をしたいと本を買っても読めず、挫折してしまっていました。
そんな中、試しにオーディオブックを使ってみて年間100冊読破できたのです。

オーディオブックでは「ながら読書」ができ、通勤時間など耳のスキマ時間を使えるだけでなく、両手も開いているので多くの時間を確保することができます。

耳から聴くことでハードルがグッとさがり、継続し聴き続けることができるので、ストレスなく習慣とすることができています。

本気で人生を変えたい人向け3ステップと習慣化のコツまとめ

まとめ

運動時や買い物すべての時間が読書時間に変わり効率よく物事を学べると思うとあなたの生活はどうかわるでしょうか?

意識が変われば行動が変わり、未来が変わってくる」すべては意識と行動の変化なのです。
それを継続、習慣化することが本気で変わりたい始まりの一歩となります。

私はそんな行動を起こそうとするあなたを誇らしく思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
自分の目標に向けて歩み始める人が一人でも増えてくれることを祈っています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる